むかつく旦那との関係改善は適切な方法を選択しよう!

むかつく旦那との関係は相手の性格を踏まえて改善しよう!

むかつく旦那さんの特徴とは?

むかつく旦那に多い特徴として、話しかけても生返事しか帰ってこないとか、妻の頼みごとを簡単に忘れる、忙しく家事をする自分の横でゴロゴロしているなど、妻の言動にまるで感心がないかのような行いがあげられます。一言でいえば、自分勝手ということです。

効果的な解決策TOP5

no.1

外出して息抜きをする

旦那の態度を変えさせようとしても、大人の言動がそう簡単に変わるものでもありません。そこで、喧嘩にならないことを考えます。そのためには、旦那と顔を合わせないようにすることです。カフェで息抜きもよいでしょう。旦那の変化は期待できませんが、むかつく場面を減らす対処法も効果的な解決策です。

no.2

ママ友人とひたすらおしゃべりする

ご近所に仲のよいママ友がいれば、家へ招いてひたすらおしゃべりするのもひとつの手です。むかつく旦那も近所の奥さんがいるところでは、多少なりとも言動に気をつけると考えられます。ママ友との会話でストレス解消にもなります。

no.3

自分へのご褒美を買う

むかつく旦那には内緒で、毎日旦那の世話をしている自分へのご褒美を買うことも有効な解決策です。ご褒美という形で、間接的に無意識の旦那が労ってくれたと考えることもできます。

no.4

とにかく感謝の言葉を浴びせる

むかつくのを我慢しつつ、旦那に感謝の言葉を浴びせます。そうなると、感謝の言葉に恥じない言動を心がけるかもしれないからです。ただし、調子に乗らせるリスクがあります。

no.5

身をもってわからせる

荒療治になるかもしれませんが、旦那と同じようにむかつく態度で接します。それにより、いままでの自分がどのような態度だったかをわからせるのです。自分がされて嫌なように、私も嫌なのだと教えます。

むかつく旦那との関係改善は適切な方法を選択しよう!

喧嘩

対処方法はインターネットで検索

より具体的な対処方法は、インターネットで検索することで知ることができます。そこには、膨大な数の夫婦関係に関する専門家の知見や一般人の実体験が載っているからです。同じむかつく旦那であっても、自分がまったく経験したことの無いパターンもあって、大いに勉強になるでしょう。また、考え方ひとつで世界が変わるなど目から鱗の話もあります。

状況に合わせて対応方法を変えよう

むかつく旦那への対応は、状況によって変えましょう。子どもがその場にいるときは、子どもへ両親の仲の悪い姿を見せてしまうと、傷つくのは子どもです。また、旦那も仕事で悩んでいる状況かもしれません。旦那が抱えている悩みを一緒に考えてあげることで、普段の生活での関係が改善される可能性もあります。

旦那さんの性格に合わせた改善策

さて、むかつく旦那の解決策や対処法として、外出などの自分だけが行動するものは特に注意点もありません。しかし、旦那さんへアプローチするタイプの改善策は旦那さんの性格に合わせたものであることが重要です。ここを見誤ると、性格的に逆効果になる場合もあります。そして、旦那さんの性格を誰よりもよく知っているのは、インターネットの向こうにいる人たちなどではなく奥さん自身です。じっくりと旦那さんの性格を考え、参考情報を取捨選択しながら改善策を練ることが大切です。